PR動画

 

大会会長 ごあいさつ

 日本商工会議所青年部第42回関東ブロック大会蔵の街とちぎ大会の開催にあたり、関係諸団体の皆様、関東ブロックはもとより全国各地からご登録をいただくYEGメンバーの皆様、どんな時でも現役メンバーの活動を温かく見守ってくださるOB・OGの諸先輩の皆様、そして栃木県連すべての同士の皆様に対し、心よりの感謝と歓迎を申し上げます。

 2020年から続く新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴い自粛がはじまり、多くのイベントや式典などが中止され、YEG活動も中止、延期を余儀無くされました。また、緊急事態宣言の発令や外出自粛要請、営業自粛要請を受け、メンバーの経営にも大きな変化が訪れました。その様な中、YEGの活動においては、オンライン化やハイブリッド化といったソーシャルディスタンスの確保をしながら、急速な変化に対応してきました。自宅から会議や事業に参加したり、仲間とオンラインで集まったりと便利な反面、対面していた時にはない、コミュニケーションの難しさを感じたり、当たり前だったリアルなコミュニケーションには、やはり及ばないと感じたのではないでしょうか。改めて危機な時こそリアルなコミュニケーションが絆を強めると感じました。各県でのキャラバンでは、多くの関東のメンバーとの出会いがあり、オンラインでは得られない絆が生まれ、メンバー同士の笑顔が我々の力になりました。ご協力いただいたすべてのメンバーに感謝致します。

 第42回関東ブロック大会蔵の街とちぎ大会開催にあたり、開催地テーマは「Passion Action Innovation ~YEGいかせていただきます~」とさせていただきました。大会では、熱い情熱を持ったYEGの変化に対応出来るレゾンデートルや革新的なビジネスの創造を栃木の地から発信したいと思います。また、蔵の街栃木市でしか味わえない歴史体験やアクティブな経験を、楽しんでいただきたいと思います。

 栃木市を代表する文豪山本有三の「路傍の石」の中に「たったひとりしかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに生かさなかったら 人間うまれてきたかいが ないじゃないか」という一節があります。タイムリミットのあるYEG活動だからこそ、1度しかない出会い1度しかない経験1度しかない感動楽しんで下さい。多くのメンバーと栃木の地でリアルにお会い出来る事を、楽しみにしております。

 結びになりますが、この様な時期に開催に向けてご協力いただいております、栃木県商工会議所青年部連合会メンバーの皆様、栃木商工会議所の皆様、青年経営者会OB・OGの皆様、関係諸団体の皆様に感謝申し上げ、歓迎の挨拶とさせていただきます。

 
大会会長 坂本智哉 

   

大会コンセプト

 栃木市は、神明宮神社社殿の10本の千木から、『十の千木』とちぎと名付けられたと言われている栃木県名発祥の地です。栃木市は栃木県南地域に位置し、平成の大合併で1市5町が合併し人口約16万人となり県内3番目の市となりました。江戸時代から日光例幣使街道の宿場町として栄え、市の中心を流れる巴波川を利用し、江戸との舟運で商人の町として発展を遂げました。今でも江戸の風情を色濃く残した歴史的な街並みが残っており、その面影から、「小江戸蔵の街とちぎ」の愛称で親しまれています。2年に1度開催される栃木市最大のお祭り「とちぎ秋まつり」では、豪商の旦那衆たちの心意気で作り上げた、絢爛豪華な人形山車が蔵の街を練り歩き、小江戸の粋がよみがえります。
 また、市南部ではラムサール条約にも登録された、渡良瀬遊水地谷中湖があり、一年を通して熱気球でフライトすることができることから、国内屈指のスカイスポーツのメッカとなっています。熱気球の日本トッププロが参加するグランプリシリーズ開催や、スカイダイビングや、ヨット、ウィンドサーフィンなど、日本とは思えないような壮大な景色、体験を楽しむことができます。こうした歴史資産・観光資源を活かし、年間約200万人の観光客が訪れています。

 東京から、鉄道や高速道路で約1時間とアクセスも良く、高速道路では市内を東北自動車道と北関東自動車道が交差し、都心からもアクセスしやすい環境が整っています。
 一次産業では、米、イチゴ、ぶどうをはじめとする多彩な農産物を生産する県内有数の農業地帯でもあり、特にいちごの生産量では、53年連続日本一「いちご王国・栃木」の栃木県ブランド価値向上を図るため、栃木市にある日本で唯一のいちご専門研究機関「栃木県いちご研究所」では、数多くの美味しいブランドいちごを生み出しています。
 世界的パンデミックの中で行われる蔵の街とちぎ大会は、スローガンを「Passion Action Innovation ~YEGいかせていただきます~」とさせていただきました。停滞する世界経済の中でも、変化に対応できるYEGのRaison d‘être(存在意義)を、今こそ発信したいと考えました。栃木市を代表する文豪山本有三の「路傍の石」の中に「たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、うまれてきたかいがないじゃないか。」という一節があります。タイムリミットのあるYEG活動だからこそ、1度しかない出会いを、1度しかない経験を、1度しかない感動を大切に、熱い情熱を持って革新的なビジネスの創造を栃木の地から発信する大会を目指していきます。

 

分科会のご案内

  お知らせ    2022/08/29  日本商工会議所青年部 第42回関東ブロック大会 蔵の街とちぎ大会 ホームページがオープンしました。

大会事務局のご案内

事務局 栃木商工会議所青年経営者会  担当:和久井 拓哉
所在地 〒328-8585 栃木県栃木市片柳町2丁目1番46号
TEL 0282-23-3131
FAX 0282-22-7550
E-mail wakui@tochigi-cci.or.jp〈お問合せフォーム〉